口座開設の流れ
RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

【緊急情報】Internet Explorer 6から11の脆弱性に対応するバッチ公開について

みなさまへ

4月28日付けでマイクロソフトからInternet Explorer 6、Internet Explorer 7、Internet Explorer 8、Internet Explorer 9、Internet Explorer 10、および Internet Explorer 11 で脆弱性を悪用しようとする限定的な標的型攻撃を確認していると発表されました。

<脆弱性の問題>
問題の脆弱性はIEの6~11で発生します。
これは、リモートでコードが実行される脆弱性で、これにより、メモリが破損し、攻撃者が Internet Explorer の現在のユーザーのコンテキストで任意のコードを実行する可能性があります。
攻撃者は、Internet Explorer を介してこの脆弱性の悪用を意図して特別に細工した Web サイトをホストし、ユーザーを誘導してその Web サイトを表示させる可能性があるということです。
つまり別のサイトへ誘導させられ、極めて悪質なプログラムを仕組まれたりパスワードなどの個人情報を抜かれるサイトへ誘導させられる可能性もあります。

上記の件について、5月2日の本日、この重大なInternet Explorerの脆弱性を悪用されないようにするための対応プログラム(バッチ)が公開されました。

つきましては、Internet Explorerのブラウザをご使用の方は、至急、「Windows Update」から『セキュリティパッチ』をアップデートしてください。

なお、今回は、サポート終了していますWindowsXPに対しても特別に対応していますので、XPをご使用の方も『セキュリティパッチ』のアップデートを実施願います。

★具体的なアップデート方法につきましては、下記のサイトが、図解入りで、分かり易く解説していますので、ご参照願います。

<リンク先>
MicrosoftがWindows XP向けを含むIEのセキュリティパッチを緊急公開 - GIGAZINE

   ↓↓↓↓
http://gigazine.net/news/20140502-microsoft-internet-explorer-patch/


みなさまが、今回の件で被害に遭われないことを心より願っています。

以 上
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

サルでもわかるFX

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。